弁護士に正直に話す重要性

弁護士に借金問題を相談した場合、まずは現状の確認作業を通じ、債務整理の必要性と、具体的に複数の選択肢が存在している点など、債務者として正しい理解が求められる情報と知識が伝えられます。多くの相談者はこの時点で、自己破産への恐怖心と、何とか回避したいとの一縷の想いの中、冷静に弁護士の説明を傾聴できなくなってしまうケースも見られますが、この場面では何よりご自身そしてご家族のためにも、凛とした姿勢で受け止めてください。

ちなみに自己破産はあくまで最終手段としての選択肢であり、相談者側に返済月額を軽減すれば、返済再開からの継続が可能と判断出来れば、債権者との和解折衝からの合意を通じ、自己破産の回避が十分可能です。その代表的な手法が「任意整理」です。任意整理とは金利を容赦してもらい、元金だけを3年程かけて均等分割で返済する形での和解策です。

「任意整理」とは、取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算すること(引き直し計算)により借金を減額した上で(※1)、原則として金利をカットし、元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解を貸金業者と結び、以後この和解内容に従って返済を続けることで、借金を整理する手続きです。

但しこうした解決策を導き出すに際しては、弁護士に対しありのまま全てを伝えなければなりません。この時点で隠し事や虚偽の伝達が見られれば、任意整理の完了どころか、最悪弁護士からも契約解除を告げられてしまい、今度こそ正真正銘の四面楚歌状態へと自らを誘い兼ねません。正直に話す重要性を十分自身に言い聞かせた上で、借金問題解決に踏み出してください。