借金問題解決に向けて

借金問題が表面化する、いわゆる債務不履行状態に陥ってしまうポイントとして、自らの返済能力を超えた借入を起こしてしまった、あるいは気づかぬうちに返済すべき金額が大きくなってしまった状況が挙げられます。いずれも金銭管理の甘さに因る自業自得と言えてしまいますが、事業継続目的など、やむを得ず外部からの資金調達を重ねた結果の窮地である場合など、必ずしも一個人の散財の果てとは限りません。大切なのは自らを責め過ぎない、1人で抱え込んでしまわない姿勢であり、家族や周囲の人達に相談出来ないからこそ、弁護士という他人の専門家への相談がベストなのです。

既に借入時の返済期限や返済額、利息や遅延損害金など全てを視野に入れての債務履行が実質不可能な現実を、まずは債務者である自身が、勇気を持って冷静に受け止める覚悟が求められます。

そして現状を正確に捉え理解した上で、専門家である弁護士と一緒に、遂行可能な借金問題の解決策を模索する作業、これが弁護士への「相談」です。みなさんもご存知の債務整理には複数の選択肢が存在しており、それらの大半はやはり、その道の専門家の弁護士に対応を依頼するのがベストなのが現状です。

ここではこれ以上の放置は大袈裟で無く、自身のみならず周囲の方々にとっても経済的破滅に繋がってしまうリスクが否めぬ「借金問題」に視点を合わせ、弁護士に相談から解決策を模索する際に、必ず実践いただきたいポイントを確かめておきたいと思います。